【買う前にチェック】チャップアップが効かない人がいる!どんな特徴?

「チャップアップは効かない」という口コミを見かけることも多いですね。

その割に利用者も多く、人気の育毛剤です。多くの人に支持されているのに、効かないという口コミが多いのはなぜなのか紹介します。

チャップアップの成分…薄毛に効果が期待できるものは?

薄毛治療薬としてクリニックで処方されることが多いのが、ミノキシジルとフィナステリドです。

それぞれ以下のことを目的に処方されます。

  • フィナステリド…抜け防止
  • ミノキシジル…育毛

チャップアップには、これらと同じよな効果が期待できる成分が配合されています。

フィナステリドに似た効果が期待できるのが、ノコギリヤシです。チャプアップサプリに含まれています。

ミノキシジルに似た効果が期待できるのは、M-034です。育毛剤に含まれており、チャップアップの主成分です。

チャップアップで効果が期待できる人は?薄毛の種類や使い方

薄毛と言ってもさまざまな種類があります。それによってチャップアップでも効果が期待できるものと、専門クリニックでの治療が必要なものが分かれます。

種類ごとに見ていきましょう。

また使い方によっても効果が期待できない場合があります。確認してください。

M字ハゲには効果が期待できる

M字ハゲで悩む人はチャップアップで効果が期待できます。しかし、効果が出づらい部分なので、通常よりも長い期間が必要な場合があります。

また、あまりに長い間、薄毛対策をしないままでいると、毛根がなくなっている場合があります。この場合はチャップアップは効かないでしょう。

初期の薄毛には効果が期待できる

薄毛が始まる部分は人それぞれですが、「ハゲ始めた」と思った時にチャップアップを使い始めることができると、より高い効果が期待できます。

何事も、早期対策が重要ですね。

正しい使用法ではない人には効かない

チャップアップには正しい使い方があります。手順は以下の通りです。

  • シャンプー後にドライヤーでしっかり乾燥させる
  • 頭皮全体にチャップアップを約30プッシュ
  • 指の腹を使ってマッサージ

しっかりシャンプーして、頭皮の皮脂や日中の汗、汚れを取り除きます。シャンプーしないままチャップアップを使っても、皮脂や汚れが頭皮をバリアしている状態なので、浸透していきません。

また、入浴後は血行が良いので、チャップアップの血行促進作用と相乗効果で、より成分が行きわたりやすくなります。

使用期間が短いと効かない

チャップアップだけでなく、多くの育毛剤で私用期間が短いと効果を実感できません。

育毛剤はヘアサイクルに合わせて、改善していくからです。

ヘアサイクルは以下のようになっています。

成長期 髪を成長させる期間
通常男性は3~5年、女性では4~6年
正常な場合では、全体の8~9割が成長期の髪
退行期 毛根が徐々に成長を止め、2~3週間で完全に活動を止める
毛根は少しずつ小さくなる
休止期 毛根は休みながら、次の髪を育てるパワーを貯める
通常3~4ヶ月

頭皮が正常な状態に戻り、新しく健康な髪を生やすためには、最低でも休止期と同じ3ヶ月程度が必要になるのです。

AGA以外の脱毛症だと効かない

男性型脱毛症であるAGAでは髪が細く弱々しくなります。毛根も細くなり、髪が抜けやすくなるのです。これに対しては、チャップアップの効果が期待できます。

しかし円形脱毛症に代表されるような脱毛症には、チャップアップは効果がありません。育毛剤では対処できないので、皮膚科専門医による治療が必要です。

円形脱毛症とは

AGAと同じく脱毛症と付くため、同じように対処すれば良いと思っている人もいますが、円形脱毛症は「自己免疫疾患」が主な原因です。

自己免疫疾患とは免疫器官が自分の毛根を間違って攻撃してしまうことが原因です。ストレスやアトピー、ホルモンバランスや遺伝が誘発すると言われています。

円形脱毛症を治すには、自己免疫疾患を改善しなくてはならず、チャップアップなどの育毛剤では、自己免疫疾患を治すことはできません。

チャップアップはどれくらいの期間で効果が期待できるの?

チャップアップ体験談や口コミをみて、チャップアップをどれくらいの期間使えば効果が期待できるのか調べてみました。

1ヶ月使ってみて

時々「1ヶ月で効果を感じました」という口コミもありますが、かなり珍しいタイプと言えます。この時期では「効かない、変化がない」という感想がほとんどです。

先ほども紹介した通り、ヘアサイクルとの兼ね合いで通常は3~6ヶ月経ってやっと変化を感じます。それまでは効くか、効かないかは分からないのです。

しかし、育毛剤購入者にとって1ヶ月は重要な時期です。多くの通販限定の育毛剤では返金保証がありますが、ほとんどが1ヶ月程度での申請が必要なのです。

つまり、この返金制度は効果に対する制度ではなく、肌質と合うかどうかを見極めるための期間なのです。

ただし、チャップアップを定期便で購入した人は申請期限のない永久保証制度が適用されます。

半年使ってみて

使い始めて半年程度経てば、変化があったかどうか自覚できるようになります。

正しい使い方を守り、毎日使い続けたのに全く効かないのであれば、使用を中止して他の改善方法を探った方が良いでしょう。

1年間使ってみて

チャップアップを正しい使い方で1年間使い続けた人は、大きな変化を感じたことでしょう。

途中で面倒になってしまったり、自己流の使い方になったりすることも多いです。継続は力なりと言いますが、1年前とは見違えるほどの状態の人は、とても頑張った人です。

頑張って1年使ったけれど効かなかい人は、一度専門の医療機関でみてもらうことをオススメします。

半年使って効かない人はチャップアップの使い方を見直してみて!

口コミを見ると1ヶ月程度の試用期間で「効かない」と言っている人もいました。ヘアサイクルのこともあり、半年は使ってみないと判断は難しいでしょう。

もし、半年使っても効かない人は正しくチャップアップを使っているか見直してみたり、専門機関への受診も検討してみてください。

また、チャップアップで変化があった人も定期的に正しい使い方をチェックして用法・容量を守るように努力しましょう。